憧れの海外コンドミニアム|ミニアムミレニアム

都市のビル

建築事務所と設計

段差を利用した住宅

人に応じた住居があります

私達が普段着用する衣服は現在は大抵既製品ですが、従来は家庭内で縫製したり仕立屋に依頼することが一般的でした。既製品は標準的な体型を基準にして作られているため、着用者にとって最適な着心地をもたらす訳ではありません。 快適な家に住むためには居住者の行動や趣味等の様々な要素を考慮する必要があります。家の建築を依頼する相手には色々とりますが、建築会社や工務店は建築物件の基本仕様があるため、依頼者の要望に十分に応じてくれるとは限りません。設計事務所は依頼者の要望に応じた図面を描くことから始めて、実際に建築を行う工務店等へ渡すための詳細な図面を用意しています。そのため、依頼料は設計事務所に依頼する方が割高になりますが、居住所に最適な住居に住むことが可能になります。

設計事務所は必ず割高な訳ではありません

建築作業中も既製品ではなく家屋に応じたデザインや材質を厳選して使用するために工事費用は工務店等に依頼するよりも割高になる上に建築工期も長くなると思われる傾向にあります。 しかし、建築物を建設する上で土地の性質や環境は非常に重要です。建築会社の一律な設計仕様が建築予定地や周辺環境に適していない場合には土壌改良や設計変更等に多額の費用や工期が必要になることも稀な事例ではありません。結果的に始めから設計事務所に依頼をしていれば環境を考慮しているので割安になることもあるのです。