憧れの海外コンドミニアム|ミニアムミレニアム

都市のビル

設計事務所と住宅

オイルヒーターのある部屋

設計事務所で住宅を設計するメリット

設計事務所は主に住宅の設計と施工監理を行う会社です。ですから同じ注文住宅でもハウスメーカーや工務店で建築するのとは少し仕組みや順序が異なるのです。一般的に注文住宅はすでに完成している分譲住宅よりも高額な費用が掛かるのですが中でも設計事務所に設計を依頼した場合はより多くの費用が掛かります。設計事務所に数百万円の費用を支払いそれとは別に施工会社に数千万円の建築費を支払う必要があるのです。設計事務所の業務には施工監理もありますが設計料だけで数百万円かかる分ハウスメーカーや工務店より高額になるのです。 とはいえその分設計事務所で設計された住宅は一つひとつ施主の要望を反映したより自由度の高い住宅といえます。法律以外の縛りもほとんどないので自由な発想で建築を行うことができるのです。

設計図を描いてもらうためには基本的に費用が必要

ハウスメーカーや工務店の場合間取りを確定させて見積もりが提示されます。提示された間取りや見積もりに納得した段階で初めて契約を行い建築会社に費用を支払います。ですから見積もりや間取りの設計を依頼するのには費用は掛かりません。一方で設計事務所の場合、一番最初にどのような住宅が希望なのかなどの聞き取りが行われこの聞き取りをもとにパースの依頼が提出されます。中には一度の設計図の提出は無料といったような事務所もありますが多くの設計事務所では設計図を描いてもらった段階で費用が発生するのです。契約をしてから設計に関する入念な打ち合わせが行われ設計図を完成させていくのです。この際あまりにも何度も設計図を大幅に修正する場合には追加で費用が掛かる場合もあるなど工務店などとは少し仕組みが異なるのです。